Uボート映画

マッケンジー脱出作戦

THE MCKENZIE BREAK

第二次大戦下、スコットランドのマッケンジー捕虜収容所に収容されていたドイツ軍将校が、ドイツ本国と連絡をとりUボートで脱走する話。シドニ・シェリーの「ボウマンヴィル脱走」の映画化。


ここで主人公のシュルーター大佐が、字幕では大尉になっています。キャプテン(カピテーン)を陸軍の階級で訳したためで、陸軍と海軍の階級を知らないとこんなことになってしまいます(笑)。ちなみに「ボウマンヴィル脱走」はクレッチマー艦長の捕虜生活を元にした物語だとか。…ってことはつまり、静かなるシュルーター=無口なオットー!?

コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

日本語が含まれない投稿、URLが3個以上ある投稿の場合はブロックor承認待ちになります。(スパム対策)

▲PAGETOP