Uボート映画

朝やけ

MORGENROT

第一次大戦、リアース大尉を艦長とするU21は北海に出動。ロシアに向かう英海軍巡洋艦を撃沈する。この交戦の後でリアースは部下のフレデリックスに自分のある娘に対する恋を打ち明けた。が、フレデリックス中尉も同じ娘に恋をしていた。いわゆる三角関係ですね。Uボートは巡洋艦を沈めた帰路、英国の囮船の罠に引っ掛かり、沈没してしまう。しかしさすがはUボート。沈没間際にこのインチキ船を撃沈。海底に沈んだ艦内に10人生き残っているのだが、脱出潜水具が2個使い物になっていた。2名犠牲にならなければならず、艦長は当然自分が残るとことを主張するが、片思いして失恋してイジけてしまったフレデリック中尉とニヒリストの舵手がピストル自殺して犠牲になり、他の兵員は無事故郷に凱旋し、再び北海に出撃していくのであった。

コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

日本語が含まれない投稿、URLが3個以上ある投稿の場合はブロックor承認待ちになります。(スパム対策)

▲PAGETOP