その他の潜水艦映画

人間魚雷回天

人間魚雷回天

太平洋戦争末期、学徒出陣した助っ人士官たちが、日本海軍の最後の儚い望みを託して生み出された秘密兵器”回天”の訓練を受け、必死作戦にでる。「生きているってすばらしいなぁ」の一言が禁句となっている時代を容易に共感はできません。ましてや、3度も生き残ってしまった村瀬少尉の苦悩などわかろうはずがない。切ないなぁ。日々”体当たり”の訓練を受け、本懐を遂げるべく出撃しながらも艦が故障してしまった士官(岡田英次だったかな?)が、潜望鏡に刻んだ「ワレマダ生存セリ」は泣かせる。



コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

日本語が含まれない投稿、URLが3個以上ある投稿の場合はブロックor承認待ちになります。(スパム対策)

▲PAGETOP