Uボート映画

デュカネ U-461の謎

DYKKERNE

夏休みをおじいさんの家(というか船)で過ごすことになった兄弟が、スキューバ・ダイビング中に、戦争中に撃沈されたUボートを発見する。しかしその潜水艦は、ナチスの恐るべき秘密を乗せたまま沈んでいた。艦内で”魂”を囚われてしまった弟の命を救うべく、兄が再び海底のUボートへ向かう。しかし同時に、”秘密”を狙う大人たちもそこへ向かっていた…。

お伽話のようなストーリーはともかく、実際のU-461はXIV型ですが、この中での設定はVII C-41らしい(たぶん、U-995をモデルとしたんでしょう) 。 プラットホームが2段で、上段には37mm機関砲付き。艦内に荷物がないせいか、やたらに広かった。お子さま向けの映画ですが、艦と艦内部は以外とリアリティがあった。
劇場公開タイトル:デュカネ 小さな潜水夫



コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

日本語が含まれない投稿、URLが3個以上ある投稿の場合はブロックor承認待ちになります。(スパム対策)

▲PAGETOP