乗組員名簿

次席士官

次席士官

次席士官:II WO(Zweiter Wachoffizier)

海軍中尉。一級鉄十字章・Uボート徽章受賞。第二当直を担当し、通信文をエニグマで暗号化・複合化する。場を明るくさせるひょうきん者で、初乗艦のヴェルナーに状況説明する。
砂糖とコンデンスミルクとレモン汁で”特製Uボートカクテル”を作るが、ウケが悪い。寝床では犬のぬいぐるみを抱いて寝ている。

原作:ハンブルグ郊外出身の元銀行マン。あだ名は”ガルテンツヴェルク””ベビーオフィサー”。

次席士官の素行調査はこちら


役者: マルティン・ゼメルロッゲ/Martin Semmelrogge

1955年12月8日生。『シンドラーのリスト』、手塚治虫の『Black Jack』ドイツ版でブラック・ジャックの吹き替えを担当。
※TV&映画で活躍中 オフィシャル・サイト >>http://www.martin-semmelrogge.de/

85
タグ

※2002年以前のコメントはすべて「2000.01.01(土)00:00:00」にしています。

コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

Message

  1. 熊蔵

    魚雷が命中したときの。。。笑いというかなんというか
    最高です

  2. matasuke

    登場人物全員が立っているキャラの中で一際目立つところに一票

  3. キョロチャン

    次席のニタニタした顔が好きです

  4. U99

    一人いるだけでその場の雰囲気が和んでしまう。そんな次席のようなヤツとウマが合いそう。

  5. -

    あの緊迫した場面でバナナを食べてるところが…もうすばらしい!

  6. gonroku

    彼の笑顔が救いです。でも時々みせる深刻な表情がなんともいえない。

  7. U100

    Uボートカクテルを飲んでみたい!

  8. Cartman

    あんなに可愛いドイツ兵は 初めて見ました

  9. 豚骨漢

    「Uボートカクテル」は面白かった。このHPに材料が書いてあったので、実際作ってみたが、激マズ!

  10. Tomo

    声というかしゃべるときのリズムが好き。
    『イギリス船団を発見したとな』のところが特に。

  11. NOBU

    出航前夜、ヴェルナーに「遺言書は書いた?」に爆笑した。

  12. トミー(イギリス兵)

    可愛すぎてにくらしくなっちまうぜ!

  13. G7a

    部下にするならあんな人がいい

  14. N.たて

    実践家であり、過酷な状況の中でさえユーモアがある。「いいぞ、我らがベビーオフィサー」とウェルナーに親しみをこめて言われてるところ

  15. Mk-46

    嗜好が私に似ています。十数年前に「Uボートカクテル」を試してみましたが、イケました。

  16. 何故か非常に好感を持ちます。

  17. うなぎ

    ケツの穴までコチコチのナチっす!?

  18. ブルー

    実はこいつが一番好き。喜んだ時にだす妙な「クワーッ」って声は、登場人物の特徴なのか、俳優自身の特技なのか。ウェルナーへの水圧説明は、はっきりいって嫌がらせ。ワザと怖がらせてるんだろうなぁ。イジワル。

  19. 艦長殿!!

    あの緊迫した空間のなかでの彼のような愛嬌は本当に貴重だろうなー。魚雷命中のあの喜びっぷり・・・。それと彼の食いっぷりもサイコー。彼には生き残ってほしかったなぁ。

  20. Ash

    艦一番のムードメーカー。彼がいなければU96はもっと殺伐とした雰囲気になってしまいそう。かといってふざけてばかりではなく仕事もきっちり。理想的な人です。

  21. U156

    大昔、中学生だった頃の諸星君に似ているところ。
    彼も悪ふざけが好きだったなー。

  22. LAより

    出撃前夜のどんちゃん騒ぎでテーブルクロスを引くのに挑戦したり歌姫の股間に炭酸水を吹き付けて逃げ回ったりと、士官の中で一番ユーモアのある人物なのがいい。潜航中も彼さえいれば場が和んできそうだ。

  23. ぼのぼの

    ほのぼの

  24. プリーン

    艦のナンバー3にも関わらずあのおちゃらけぶり。
    ああいうお茶目ところが好きだ。

  25. 保ス

    カワイイところがいい

  26. 岡嶋

    面白いキャラクターだと思う

  27. ぽん吉

    中間管理職としてのキャラがよい

  28. 次席課長

    自分は会社の倒産を経験したが、苦しいときこそユーモアを大事にするこの手のタイプは意外と底力があるんだな。

▲PAGETOP