乗組員名簿

ヒンリヒ

ヒンリヒ

ヒンリヒ:Hinrich

聴音兵兼通信兵兼衛生兵。潜航すれば44人分の耳となり、ケガ人が出れば看病し、乗組員の毛ジラミチェックも担当。通信室ではタマネギを育てている。

ヒンリヒの素行調査はこちら


役者: ハインツ・ヘーニヒ/Heinz Hönig

1951年9月24日生。 『深夜の逃走/クロッシング・ボーダー』『S.E.K. Spezial Ein-satz Kommando』『エア・クラッシュ』『ジャッジメント・イン・ベルリン』『刑事マルティン・ベック/警官殺し』『Snuff(スナッフ)』
※ドイツのTV&映画を中心に活躍中

45
タグ

※2002年以前のコメントはすべて「2000.01.01(土)00:00:00」にしています。

コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

Message

  1. それがし

    聴音して怪我人の世話して偉い!

  2. みみちゃん

    艦長とふたりでレコードを聞きいたりなど、彼の行動から潜水艦勤務の辛さや哀愁が良く伝わってくるので。

  3. リストラ、デーニッツ

    聴音兵、通信兵、衛生兵。このなかのひとつの仕事をこなすだけでも大変なのに映画のなかではやってのけた。艦長の信頼も抜群。音楽にも一言ありそう。細心にして大胆。   普通に見えることを、普通にやってしまう。リストラされたデーニッツにしては、こんな部下がほしかった。パソコンを買って3ヶ月、Uボートの映画が20年もたっているのにいまだに皆さんがU96に思い入れをしているのに大尊敬、大感激。このHPをいつまでも・・

  4. アイスバイン

    こんぺーせー!!

  5. どら平太

    潜水艦ならではの難役に、五感を研ぎ澄ました最高の演技。文句なし。

  6. みみ

    どの潜水艦映画でも聴音員が格好良く見える。

  7. ブルー

    「そんなはずは。いや、確かにもう一隻。」みたいな感じで指向性聴音機みたいなハンドルを回すところと、彼の落胆ぶりを見て艦長が「報告はいい。」(つまりまだ駆逐艦に捕捉されてる)というシーンは良い。

  8. ichbindada

    素晴らしい演技

  9. 通信士

    通信業務にあこがれ通信機にも興味を持っています。一応プロの資格も持っています。

  10. BUSS

    定時ラジオみたいなのをかけたら、機関長に「やかましい!!」って怒られてるところが印象的w

  11. きむ

    いいね

  12. kealii

    通信室でなにやら鉢植えのようなものを育てているのがいいですね。嫁にしたいです。

  13. gonroku

    なんか好き

  14. 匿名

    うわー!死んじゃった!?とか思ってたら最後の最後でおっことされたときの悲痛な叫びで実は生きてたのが分るというなんともいえないシーンが印象的。

▲PAGETOP