人気投票:名シーン・名セリフ

ジブラタル:潜行を中止し「両弦ディーゼル」で砲撃下を疾走するシーン

62

※2002年以前のコメントはすべて「2000.01.01(土)00:00:00」にしています。

コメント

»コメントする«

※このページに関連するコメント以外は、できるだけ掲示板のほうへお願いします

コメントを記入する

名前(ニックネーム)

*

コメント

日本語が含まれない投稿、URLが3個以上ある投稿の場合はブロックor承認待ちになります。(スパム対策)

Message

  1. HRC

    最高の盛り上がりを見せています。

  2. このくっそたれ 死んでたまるかと言う必死さがジーンと来る。
    いけいけ 突っ走れ!

  3. U21X

    飛行機からの爆撃に機銃掃射。艦橋に仁王立ちの艦長、駆逐艦砲撃の水煙、艦首からの水しぶきの中疾走するシーンは、圧巻の迫力。

  4. maro'

    テンポの良いBGMと共にあのスピード感がたまらない。バラエティ番組でよくこの曲が
    使われるが、それを観る度にこのシーンを思い出す。

  5. シズカ

     敵の砲撃をものともせず、艦橋に留まる艦長がカッコイイ

  6. 岡嶋伸夫

    勇ましい

  7. アハトゥング!

    ハリウッド流の、安直な勝利に酔う演出ではないところがいい。
    悲痛な、苦難に満ちたシーンであるのに、ここまでカッコ良く、観る者が感情移入できるシーンはそうないと思う。
    あまりに美しく悲壮な姿に胸が締めつけられる。

  8. U96

    カッコイイ

  9. Ullich

    夜中でしたか?このシーンは。艦橋に艦長が立って"Schnell, schnell!"(急げ、急げ!)と怒鳴っていたように覚えています。違うかな。

  10. カッコイイ

  11. ブルー

    「潜行中止!両舷ディーゼル!焼け付くまでぶん回せ!」という艦長の声の下を「あーっ、あーっ」とうめきながら降りてくる負傷した航海長。
    そして、あの勇壮な第二のテーマともいえるBGM。Uボートという映画を凝縮したような名シーン。

  12. 13歳

    あの音楽と、途中で、機関長が艦長に「左舷ディーゼル損傷、止めなければなりません。」という、ところで上に照明弾の明かりが、通過していて、すごいと思います。

  13. ラバウル

    あのシーンは特にすごい

  14. バンゴッド艦長21

    あの艦長の形相がいい

  15. J

    もうね、このシーン見るたびにウルウルしちゃいますよ。

  16. 群鉄

    海水が艦橋のハッチから入ってくるなか、艦内の非常灯で赤く照らされた艦長が、必死に指令を出す。最高の場面です。

  17. U96士官

    すごいです

  18. U-571

    あのシーンはいいですね。

  19. UM

    サイコー

  20. ここ最高

  21. タイラー

    ものすごいシーンです。艦長が「エンジンが止まるまで走れ」と言う。
    姿がいい

  22. ユウ

    このシーン見た後、何に対してもやる気が出る。

  23. ブルー

    四面楚歌という言葉はこのシーンのためにある、と思ってしまった。光の中にU−ボート。曳光弾が通りすぎると、また暗闇。そしてまた曳光弾、という美しいシーンでもある。

  24. 静香

     戦闘機(爆撃機だった?)VS潜水艦。初めて見ました。

  25. kenny

    最高!

  26. 鈴木

    よい

  27. LAより

    ここのシーンの音楽は様々なテレビ番組等で使われているが、聞くたびにこのシーンを思い出す。飛び交う照明弾が緊迫感を更に高めてくれる。

  28. PapaDora

    つい最近、雨の中をオープンクルーザーで東京湾を縦走したとき、このシーンが甦りました。

  29. デイジー

     砲撃を受けながら、前進する艦長が素敵。

  30. 岡嶋

    格好いい

  31. Ą

    やけくそな感じが好きw

  32. らいひ

    この映画は全てに於いて◎なんだけど・・・
    ここは終盤のハイライトです。(と思う)

  33. のぶ

    勇ましい

  34. takuya

    「どういう事だ!このままだと、アフリカ大陸にぶつかるぞ」・・・このシーンはその後に起こりうる事態を見越して、艦を出来る限り深度の浅い陸地側まで近づけようと、最大速力で南に進路をとった時で、後に制御不能で海底に着艇した時、艦長の正しい判断が証明された。この深度は艦の限界であり、あと数メートルの違いで彼らは鉄の棺の中で永遠の眠りについたはず。どんな難題にも最後まで冷静な判断が出来る、こんな男に憧れます

  35. デイジー

    唯一、痛快な場面かと。

  36. Hans

    この映画の英語版の予告編で、艦長がドイツ語で「Schneller!Schneller!!」(もっと速く!もっと速く!!)と怒鳴るのがとても印象的です。

▲PAGETOP